【療育】ビジョントレーニング:眼を鍛え、前頭葉の力をUPさせ、発達障がいの症状を改善させよう!

  • 2018.01.19 Friday
  • 09:42

 

 

“ビジョントレーニング”には以下の3つがあるの。

 

・眼球運動トレーニング
・視空間認知トレーニング
・感覚統合トレーニング

 

 

ビジョントレーニングについては過去記事をどうぞ

参考:発達障がいの有無に関係なく使える!見る力を養う『ビジョントレーニング』

 

 

眼球運動トレーニングは、見たいものにすばやくピントを合わせる練習ね。手先が器用になったり、本をすらすらと読めるようになるの。板書するのも早くなるわ。

 

視空間認知トレーニングはモノの形や色、距離感を正しく認知するための練習。字をキレイ書けるようになるし、図形も正しく描ける。なにより記憶力がよくなるのよ。

 

感覚統合トレーニングは眼から入ってきた情報を正しく脳に伝え、体を動かすための練習なの。球技やダンスが得意になったり、体をぶつけたりすることがなくなるの。

 

 


 

こうしてみると、眼と手、そして脳が綿密に繋がっているのかがわかるわよね〜! 眼を動かすことで前頭葉が活発に働くんだけど、発達障がいのある人は、この前頭葉の働きが鈍いといわれているわ。

前頭葉は、人間の思考・意思・創造力などを司っている器官。人間が人間らしく生きるために必要な機能がぎゅっと詰まっているの。

 

 

――簡単にビジョントレーニングについて説明したけど、まぁ、こんなややこしい説明は全部忘れてもいいわ。そんなこと知らなくてもいいの。


『ビジョントレーニング=眼を鍛える=前頭葉の力がUPする=発達障がいの症状が少し改善されるかも!』っていうことだけを知っていれば良いのよ。むしろ『ビジョントレーニング=発達障がいの子に良い!』だけでもいいんじゃないかしら?(笑)

 

 

 

私が作業療法士(OT)の先生から説明されたのはこんな感じ。ネットで調べてもおおよそ同じようなことが書かれているわ。
私がこのブログに書いていく療育方法は
、OTの先生や病院の先生から実際に教わって取り入れているものだけだから、安心してね。

 

発達障がいの有無に関係なく使える!見る力を養う『ビジョントレーニング』

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 19:20

JUGEMテーマ:育児

 

 

 

月に2回通っているリハビリテーション病院。Viviが通っているところは理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がいるんだけど、主に作業療法士(OT)に作業療法を行ってもらっているの。
発達障がいと診断されてすぐ通い始めたリハビリ。…先生とは、もう3年近くのお付き合いになるのね。

 

 

先生が特に力を入れてくださっているのが“ビジョントレーニング”よ。発達障がいのある子は『耳よりも目のほうが優位』といわれているけどViviは逆。耳からの情報にはある程度対応できるのに、視覚情報の処理がほとんどできないの。

 

 

ビジョントレーニングを行うと良いとされている子は、以下のとおり。


・同じ行を何度も読んだり、読んでいる場所がわからなくなる
・文字が読めないほど汚かったり、マスからはみだしたりする
・頭を動かしながら本を読む
・板書が苦手、時間がかかる
・手先が不器用で、おはしやはさみを使うことが苦手
・ものや人によくぶつかる
・集中してみることが苦手で、話を聞くときに目線を動かす。目線が合わない
・投げられたボールをうまく受け取れない

 


ちなみにコレは、小学3年時(普通学級在籍)のViviの計画帳。赤字は先生よ。

 

 

板書もキチンと出来ていないし、字も汚いし、マスにキレイに収まっていないのがわかると思うわ。今思えば、「よくもまぁ、3年生まで病院に行かずに放置してたわね!」って感じなんだけど(笑)、それには旦那の理解や葛藤などもあり…またお話するわ。

 

 

上記にあげたような症状がある子には、発達障がいの有無に関係なく“ビジョントレーニング”をすると良いの。私はこのトレーニングを自宅でもしているんだけど、定型発達児・長女は「バレーボールの動きが見やすくなった」「教科書が読みやすい」と3か月そこそこで効果を実感していたわ。
とはいえ、発達障がい児・Viviに効果が現れるのはゆっくりで、字が少し上手にかけるようになったのも「療育のおかげ? それとも成長?」って感じではあるんだけど(笑)。

 

 

それでも小学5年現在(支援学級在籍)、ここまで書けるようになったのよ! ちなみにこれは、小学3年生の漢字練習帳の見本を写しているだけで、漢字はまだ覚えていないわ…。

 

 

 

漢字はまだ覚えられないけど、それでも私はあらゆる面で効果を感じているの。
だから今も1回2,500円というお金を出してリハビリに通っているし、自宅でも毎日トレーニングを続けられるのよ。

 

ビジョントレーニングを繰り返し行っていると、脳の神経回路が繋がり太くなるの。1日10分くらいのトレーニングだし、なにも一生続けなければいけないわけでもないし…親子のコミュニケーションとして挑戦してみるのもオススメ!

 

老眼予防にもなるらしいわよ!(笑)

 

 

発達障がいと診断された後――何もしないでじっと未来を待つよりも、まずは子どもに療育を!

  • 2018.01.15 Monday
  • 16:13

JUGEMテーマ:育児

 

 

2015年の春、Viviは「発達障がい(自閉スペクトラム症)ですね」と診断されたわ。戸惑う私に、医師は詳しく障がいについての説明をしてくれたんだけど、「それで、この子はどうすればいいんですか?」との質問には無言だったの。しばらくして、医師は「ごめんなさいね、そういう質問をされたことがなかったから」といい、療育を行っている病院を紹介してくださったんだけど――、いままで、子どもの今後について問う親はいなかったのかしら? と疑問に思ったのよね…。

 

 

骨折をした患者が病院に来れば医師はギプスで固定するし、やけどを負った患者には薬を処方するわ。それなのに、発達障がい児には検査結果を報告するだけって、私はどうかと思うのよ。ただでさえ「この子には障がいがあるのかもしれない」という長年の不安を抱えて診察を受けているのに、診断名だけ教えられて放置って…そんなのもう、絶望しかないじゃない。せめて「こういう療育や支援がありますよ」とか「お薬も出せますよ」っていう言葉があれば、それだけで救われるものなのにね。

 

 

 


発達障がいのある子どもを良くする方法って、今のところ療育だけだと思うの。ADHDのお薬はあるけど、あれは症状を抑えるもので改善するためにあるわけじゃないものね。
発達障がいは“治らない障がい”と言われているから、どれだけ療育を頑張ったとしても、100%健常児になることは出来ないけど…。発達障がい児に療育を受けさせないのは、『目の不自由な子に点字を教えない』『耳の聞こえない子に手話を教えない』の
と同じだと思うの。

 

点字を習えば本を読むことができるし、手話ができれば自分の気持ちを伝えることができるわ。それと一緒で、発達障がい児は療育を受けることによって、未来への可能性がグッと広がっていくの。

 

 


療育にはいろんな種類があるし、それぞれの説明を一言で! といっても難しいから簡単に説明するわね。代表的なものは以下の4つよ。詳しい説明を書いてくださっているサイトのリンクを貼っておくから、ぜひ見て欲しいわ。

 


ABA(応用行動分析学)
問題行動だけを見ず、その問題行動の前後に何があったのかに着目することで、より望ましい行動に導くという療育。問題行動をする子どもを責めるのではなく、その子どもをとりまく環境に問題がないか考えてみましょうという感じかしら。
参考:発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめ

 

 

TEACCH(自閉症及び関連するコミュニケーション障害をもつ子どもたちのための治療と教育)
自閉スペクトラム症の人の考え方は、一般の人とは異なる、という考えが根本にある療育。世間一般の常識に考えを合わせさせるのではなく、自分たちが発達障がい児の捉え方を理解し、受け入れ、その上で社会に適応できるように導きましょう、生活の質を高めていきましょうっていう感じよ。
参考:TEACCHとは?ASD(自閉症スペクトラム障害)の人々を生涯支援するプログラムの概要を紹介

 

 

・SST(ソーシャルスキルトレーニング)

社会で人と関わりながら生きていくことが難しい人に対して行うトレーニング。TEACCHとは逆で、一般社会で生きていく上で『してはいけないこと』『した方がいいこと』といった、暗黙のルールを身につけていく…っていう感じかしらね。

参考:ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについて

 

 

感覚統合療法
人には7つの感覚(触覚・視覚・聴覚・味覚・嗅覚・固有受容覚・前庭覚)があるわ。この7つがうまくかみ合わないと、情緒面や対人面、言語面といった日常生活で困ったことが起こってしまうの。発達障がいのある子どもは、感覚統合につまずきのある子が多く、作業療法士(OT)に手伝ってもらいながら感覚統合療法を進めていくと良いといわれているわ。
参考:「感覚統合」とは? 発達障害との関係、家庭や学校でできる手助けまとめ

 

 

 

 

私は“TEACCH”を考え方を支持しているわ。そしてViviはリハビリテーション病院(月2回)と放課後デイサービス(月5回)で“感覚統合療法”を受けているの。療育をはじめて3年、確かな結果として『今』があると確信しているし、これからも続けていくつもり。

――何もしないでじっと未来を待つなんて。そんな怖いこと、私にはできないわ。